Let's Be Superficial!

テキトーな1/6ドールブログです。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お知らせ



>「ギュンター王子の悲劇」登場人物表

>「寸劇」の登場人物表



自分のブログ



RECOMMEND
かわいい闇
かわいい闇 (JUGEMレビュー »)
マリー ポムピュイ,ファビアン ヴェルマン,ケラスコエット
RECOMMEND
オペラは二度死ぬ
オペラは二度死ぬ (JUGEMレビュー »)
スラヴォイ ジジェク,ムラデン ドラー,Slavoj Zizek,Mladen Dolar,中山 徹
RECOMMEND
文学研究のマニフェスト ??ポスト理論・歴史主義の英米文学批評入門
文学研究のマニフェスト ??ポスト理論・歴史主義の英米文学批評入門 (JUGEMレビュー »)
三浦 玲一,遠藤 不比人,越智 博美,大田 信良,河野 真太郎,中井 亜佐子,中山 徹
ARCHIVES
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
 
衣装の意味


スペンサー(Pierre Devries, High Elite)「それ、ゴジラだよね?」
クルーズ(Dynamite Girls, Take It Easy Cruz)「そうっすね。シャーロッくんが世話してるんだけど、よく脱走してて…」




フィル(Pierre Devries, Tête-à-Tête)「ごきげんよう、諸君」
クルーズ「あ、ちわっす」
スペンサー「フィル、突然何だ?」




フィル「むっちゃ鮮やかな服だな、スペンス、大道芸でもやるのか?」
スペンサー「君に言われたくないよ。金色のジャケットって、ありえないし」
フィル「似合ってるだろ。嫁と雰囲気合わせてるんだ…そうだ、嫁で思い出した、お前のその服の意味!」
スペンサー「大道芸だって、君が言ったじゃないか。奥さんがどう関係するんだ?」
フィル「それはな、おーい、ソフィー!」




ソフィー「はーい!あら、素敵なファッションショー!」
クルーズ「ソフィー奥様、ちわっす!」
フィル「急にでかい声出すな!美人が来て嬉しいのはわかるが」
クルーズ「失礼しやしたーw」




フィル「ソフィー、こいつにレベッカのことを聞くんだろ?」
ソフィー「そうよ、スペンサー、レベッカとデートしてるんでしょ?」
スペンサー「ああ、光栄なことに、美しいレベッカと幸せなひとときを…本当に幸せな素晴らしい時間なのですよ、ただ…」
「「「ただ?」」」
スペンサー「短いのです」
「「「短い!」」」




ソフィー「すぐ帰っちゃうの?」
クルーズ「引きとめなきゃダメじゃないっすか!」
スペンサー「そうしたいのだけど…」
フィル「レベッカはあまりにも慎み深いんだろ?」
ソフィー「恥ずかしがりなのよ!」
スペンサー「そうなんですよ。しつこくするのは申し訳なくて…」
クルーズ「そんな慎ましい女性もいるんですねー!魅力的だけど困っちゃいますよねー!」
フィル「ちょっと黙ってろ、チャラ男!」
クルーズ「えーー(チャラいのはお互い様と言いたいが、先輩に対しては自粛)」

ソフィー「でも、ほんとにあなたのことを好きなのよ。がんばって!」
フィル「そうだ、この幸せ者」
クルーズ「うらやましー!なんだ、結局ハッピー?のろけ?ヒューヒュー♪」
フィル「うるさいぞ!」




スペンサー「私はのろけてないし… ところで、フィル、この服のことで話があるんじゃなかったのか?」
フィル「服?あ、それ、そのことは、ソフィーから」
ソフィー「服!そうでした!あのね、私と夫は、今日はキラキラの服で雰囲気を合わせてるの。こういう服を着ると、明るくて踊りたい気分になるの。あなたが華やかな服を着て、レベッカもそれに合わせれば…えっと…」
フィル「彼女も開放的な気分になって、お前も少し大胆にアプローチできるんじゃないかと思うわけだ」




クルーズ「おおー!…わかったようなわかんないようなだけど、なんかいいっすね!」
フィル「お前が言うと、なんかチャラいからやめろって!」
クルーズ「サーセンwww(だってチャラい話なんじゃないかなーww)」

で、スペンサーは納得したのかというと…



スペンサー「実はよくわからないが、彼女が明るい気持ちになってもっと打ち解けてくれるならいいかと…」
↑ちゃんとわかってるみたいですww




クルーズ「そういうわけで、どうもあの愉快な夫婦は、スペンサー先輩とレベッカさんの恋を進展させようとがんばってるらしいんですよね。
スペンサー先輩が赤い服を着ても、レベッカさんも派手な服を着るとは限らない、という心配は無用ですよ。ヒント:ここは人形劇場ですから〜。
じゃ、そういうことで、また会いましょう〜♪」


Style Labの男子服


Fairytale Convention(2017), Style Lab, Lover Boy
昨年のコンヴェンションで発売されたHommeの服セット。
着ているドールはPierre Devries High Elite.
いちおう、この人に着せるために買いました。似合うかどうか微妙だとは思ったのですが、着せてみてもやっぱり微妙ですがw




こういう服、誰がどこで着るんでしょうね。お人形だからギリギリいいかと思いますが。
ネックレスはセットのものではありません。










クルーズ(Dynamite Girls, Take It Easy Cruz)登場。
この衣装は、2016年Style Labの服セット、Strike It Upです。




これはクルーズに似合うと思いました。うん、かっこいい。
現実離れした服ではありますが。
他の人にも、けっこう似合いそうな気がします。ロメインとか。




巻きスカートですね。




スカートの下は合皮のパンツ。




後ろ。きれいなプリーツです。


Hommeの服も、じわじわ増えてきました。もっと着せ替えの頻度を上げたいところです。年2回が目標です。
女相続人


取り急ぎメモ。Erin Salston 'Heiress'が届きました。
2017年のThe Heirloom Collectionのドールでした。
このコレクションのドールはそれぞれ「長い間大切にしてきたもの」を持っている、すなわち付属アイテムにしているということです。
このエリンの場合は、大切なものが入っていそうなバッグでしょうか。それとも個性的な指輪でしょうか。




肌の色は「ラティノ」。髪は濃い茶色、目は緑がかったグレーです。




服は白と黒とグリーンのコントラストが鮮やかです。
ドール本体は、私としては大当たりです。長い間、好みのエリンを待ったかいがありました。
とある有名ブログでは、よくできているけどつまらないドールと言われていますがw。確かに、公式画像では綺麗だけどいまいちインパクトが足りない感じもしました。でも、何か説明できない希望を感じさせる要素があったので、買ったのですよ。そして大正解!




目の色やマツゲの状態が見えやすいように、光を当てて撮りました。
クールです!




指輪は、蜘蛛のモチーフです。




このバッグは、開くように作られているだろうと思いますが、留め金がはずれません。蝶番もちゃんとあるので、見せかけだけではないと思うのですが…。










エリンは、色白の仕様が多いという印象でした。昨年は、肌の色が濃いエリンが続きましたね。
要は何色かということより、全体のバランスですよね。
ドロシーの衣装を借りて


Poppy Parker Rainbow Connectionの衣装をPoppy Parker I Love How You Love Meに着せました。
誰にでも似合いそうと、最初は思ったのですが、よく考えたらそうでもないですね。
Misakiやジェニフレのほうが似合いそう。




ルビーの靴、だそうです。映画でも、こんな感じにキラキラしていました。







コートを着たところ。




服は天下の回りもの。




可愛くて気品があって、ソフィーちゃん大好きハート
新しいページ -- 古いページ>>