Let's Be Superficial!

テキトーな1/6ドールブログです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
お知らせ



>「ギュンター王子の悲劇」登場人物表

>「寸劇」の登場人物表



自分のブログ



RECOMMEND
かわいい闇
かわいい闇 (JUGEMレビュー »)
マリー ポムピュイ,ファビアン ヴェルマン,ケラスコエット
RECOMMEND
オペラは二度死ぬ
オペラは二度死ぬ (JUGEMレビュー »)
スラヴォイ ジジェク,ムラデン ドラー,Slavoj Zizek,Mladen Dolar,中山 徹
RECOMMEND
文学研究のマニフェスト ??ポスト理論・歴史主義の英米文学批評入門
文学研究のマニフェスト ??ポスト理論・歴史主義の英米文学批評入門 (JUGEMレビュー »)
三浦 玲一,遠藤 不比人,越智 博美,大田 信良,河野 真太郎,中井 亜佐子,中山 徹
ARCHIVES
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
 
白雪姫にピンクのドレス


白雪姫ことPoppy Parker Fairest Of All ローカルネームはブランシュです。
また着せ替えて、ピンクのドレスです。




何色でも似合いそうです。















うちのポピーの大半が、このタイプのアイプリです。目の形は、これが一番好きなのですが、たまには反対(右)向きも欲しいです。ポピーで右向きのサイドグランス…いますよね。なぜか縁がありませんが。



ドロシーと犬
昨日のつづきです。



ドロシー「ねえ、それ何?」
ブランシュ(白雪姫)「蒲田くん2号。かわいいでしょ」
ドロシー「うん…(こんな生き物見たことないわ)」
ブランシュ「あと7匹いるのよ」
ドロシー「うわ、そんなに!世話するのたいへんじゃない?」
ブランシュ「大丈夫、彼がやってくれるから」
ドロシー「彼?」




シャーロッくん「…この子、凍結してるから冷たいです」




ドロシー「私にもペットがいるはずなんだけど…。『オズの魔法使い』のドロシーって、犬飼ってるでしょ?」
ブランシュ「犬…そういえばそうだったわね。どんな犬?」
ドロシー「どんなって…犬よ」
ブランシュ「知らないの?」
ドロシー「私はただのコスプレドールだから、ほんとのドロシーじゃないもん」
ブランシュ「そう…、まあ、私もあんまり白雪姫じゃないけど」




竜一(ギムナジウムあおと)「犬いるよ!」




ドロシー「かわいいけど、なんかこれじゃない気がする」
ブランシュ「そう?これ、魔法使い犬だっていう噂だけど?」
ドロシー「オズは犬じゃないよ」
ブランシュ「そうね…」

大丈夫ですかね、この人たち…。いや、べつに彼女たちのせいではないですが。




ドロシー「・・・」
ブランシュ「・・・」

これも違うみたいです。




竜一「これはー?」




ドロシー「あー、そういえば、黒い犬だった気がする!」
ブランシュ「よかったわね^^」

トト(犬)の色は、決まっているわけではないようです。(最初の?)映画で、黒い犬だったので、そのイメージが強いのだと思われます。
虹の向こうから来た少女


Poppy Parker Rainbow Connection
Fairytale Convention限定ドールです。




この子も足が爪先立ちのタイプです。肌の色はJapan 色白です。




コンヴェンションのテーマが「おとぎ話」で、この子は「オズの魔法使い」のドロシーだそうです。どこが?
ドロシーの服は伝統的に(?)水色のチェックのドレスだから、少しばかりそのイメージはありますけどね。
物語的にとても大事な「靴」は、これでいいのでしょうかw
お人形としてすごく綺麗だから、べつに文句はありませんが。




バッグがすごく可愛いです。




ブローチはマグネット式なので、服に穴を開けなくてすみます。




ピアスも綺麗。




カーリーヘアは好みでないはずでしたが、これはこれでいいかと。飽きたら少し伸ばすつもりです。
12年の長きにわたって人形者をやってきて学んだことは、「顔で選べ」です。当たり前ですが、顔が命です。髪型が少々好みでなくても、顔さえ気に入っていれば、それで選ぶべきなのです。
今まで買わなくて後悔したドールは、だいたい髪が気に入らなくてスルーしたものでした。後で人様のブログなどで見て、彩色(メイク)が好みで悔しい思いをしたことが幾度となく…。




コートを脱いだところ。ブラウスとスカートに見えて、実はワンピースです。




ベルトは取り外せます。




ブレスレットは、ライオンの顔のレリーフがついています。「オズの魔法使い」にライオンが登場しますね。案山子とブリキのきこりはどうなったのでしょうね。
あと、個人的にはどうでもいいですが、ドロシーといったら犬の「トト」ですが、犬はついていません。ほんとにドロシーなんでしょうかね。いえ、ドールとしてはとても気に入っているので、個人的には何も文句はないのですが。




ドロシー「白雪姫、先に来てたのね。もうお着替えもしてるし」
ブランシュ「ここではブランシュという名前なの。よろしく」
ドロシー「へえ、名前つけてもらったんだ。…私はドロシー以外になりそうにないけど」

別の名前をつけてもいいですが、はっきり言って名前って(一部のドールを除いて)そんなに使わないし、必要ないですよ。
幸福の王子


えっくす☆きゅーとふぁみりー:Otogi no kuni/The Happy Prince Aoto(あおと)
箱から出したばかり。背景は台紙です。
「幸福の王子」のコスプレドールです。




コートを脱がせると、ブラウスは半袖です。もたつかなくていいですね。そして付け袖で長袖のようにできます。




服は繊細にできています。青いビーズの飾りもきれいです。
王冠は、頭にのせてリボンで留めるようになっています。まだチャレンジしていません(笑)。




ブーツの紐が長い。自分で切れということでしょうか。




「冬のギムナジウム」あおとと、金髪で青い目というところが共通しています。
雰囲気も似ていますが、けっこう色合いが違うのですね。
新しいページ -- 古いページ>>